• 地下鉄赤坂駅より徒歩5分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

092-761-5030

受付時間:9:00~20:00 土日祝も対応可(要予約)

配偶者居住権

改正の内容

 今回の相続法改正で新しく「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」が創設されました。
 「配偶者短期居住権」とは、被相続人と配偶者が自宅に一緒に住んでいた場合、被相続人が亡くなったあとも引き続き、遺産分割協議が成立するまでの間、配偶者が自宅に無償で住み続けることができる権利のことです。
 「配偶者居住権」は、被相続人が遺言で決めていたり、相続人間の遺産分割協議で決まった場合に、配偶者が自宅に無償で終身住み続けることができる権利です。従来は、配偶者が自宅の権利を相続するには、自宅の「所有権」を取得する方法しかありませんでしたが、改正後は、「所有権」ではなく「配偶者居住権」を取得することができるようになりました。

 

 

改正によるメリット

 「配偶者短期居住権」については、従来も判例が認めていたものですが、それが改正で法律に明記されたものです。

 「配偶者居住権」は、従来はなかった権利を法律で新しく創設したものです。

 従来、配偶者が自宅に住む権利を確保するためには、自宅の「所有権」を取得しなければなりませんでした。それが、「所有権」ではなく「配偶者居住権」を取得するという方法も可能となりました。その場合、配偶者ではない他の相続人が自宅の「所有権」を取得することになりますが、配偶者は自宅を「所有権」として取得しないため、他の財産(預貯金など)をより多く取得できることになり、法律の改正前よりも配偶者の生活がより守られるというメリットがあります。

よくご相談いただくプラン(詳細はボタンをクリック)

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 遺産整理⑤

  • 相続登記⑳

  • 相続登記⑲

  • 相続登記⑱

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP