• 地下鉄赤坂駅より徒歩5分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

092-761-5030

受付時間:9:00~20:00 土日祝も対応可(要予約)

遺言書を自筆で書く方法と注意点を解説 | 福岡相続手続き相談センター

遺言書の書き方

遺言書は、遺産分割や相続手続きを円滑に進めるための重要な文書です。その中でも、自筆で書かれる遺言書(自筆証書遺言)は、自分の意思を直接反映させることができる手軽な方法です。本記事では、遺言書を自筆で書く方法と注意点について詳しく解説します。

 

自筆で書く方法

自筆証書遺言は、遺言者が自分の手で書き記す遺言書です。遺言者が自ら書くことで、意思が直接反映され、内容の信頼性が高まります。自筆証書遺言を作成する際の基本的なポイントは以下の通りです。

まず、遺言書は全て自筆で書かなければなりません。パソコンやタイプライターの使用は認められていません。次に、遺言書には日付と署名を忘れずに記載することが重要です。日付が明確でない場合、その遺言書は無効となる可能性があります。

さらに、内容は具体的かつ明確に記載する必要があります。例えば、「長男に自宅を相続させる」といった具合に、誰に何を相続させるかを具体的に書きます。また、財産の分配についても細かく書くことが求められます。これにより、後々の相続手続きがスムーズに進むようになります。

 

遺言の効力と注意点

自筆証書遺言が法的に有効であるためには、いくつかの要件を満たす必要があります。まず、遺言書には日付が明記されていること。日付がない場合、その遺言書は無効となります。また、遺言者の署名が必要です。署名がない場合も無効となります。

さらに、遺言書は全て自筆で書かれていなければなりません。他人の手を借りた場合、その部分は無効となります。内容が不明瞭な場合も、遺産分割の際に争いの原因となることがあります。特に、財産の具体的な分配方法については、明確に記載することが重要です。

また、遺言書の内容に不備があると、相続人間での争いが生じることがあります。例えば、遺産の分配が曖昧であったり、特定の財産が複数の相続人に渡るように書かれていたりすると、相続手続きが複雑化します。このため、遺言書の内容はできるだけ明確にし、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

自筆証書遺言の意味と作成手順

自筆証書遺言とは、遺言者が自らの手で全文、日付、署名を書き記した遺言書のことです。この形式の遺言書は、他の形式と比べて手軽に作成できるため、多くの人に利用されています。自筆証書遺言の大きなメリットは、手軽に作成できることと、遺言者の意思を直接反映させることができる点です。

作成手順としては、まず遺言者が遺言書の本文を自筆で書き、日付と署名を明記します。その後、内容に不備がないか確認し、必要に応じて専門家に相談することも有効です。また、保管場所にも注意が必要です。安全な場所に保管し、信頼できる人に保管場所を伝えておくと良いでしょう。

 

遺言書に記載すべき内容

遺言書には、相続人が誰であるか、遺産をどのように分割するか、特定の遺産を誰に渡すかなど、具体的な内容を記載する必要があります。例えば、遺言書には「長男に自宅を、次男に銀行預金を」といった具合に、具体的な財産分配を明記します。また、遺言執行者を指定することも重要です。遺言執行者とは、遺言の内容を実行する責任者のことです。

さらに、遺言書に記載する内容が法的に有効であるためには、法律の要件を満たしていることを確認する必要があります。遺言書の内容が不明瞭であったり、法律の要件を満たしていない場合、遺言書自体が無効となる可能性があります。このため、遺言書の作成に際しては、専門家に相談しながら進めることが重要です。

具体的な記載事項としては、相続人の氏名、相続分の具体的な内容、特定の財産を誰に相続させるかなどが挙げられます。また、遺言執行者を誰にするかも明記します。遺言執行者がいない場合、遺言の内容を実行することが難しくなるため、この点も注意が必要です。

 

まとめ

自筆証書遺言は、自分の意思を明確に伝えるための重要な文書です。手軽に作成できる反面、法的に有効であるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。日付や署名、全て自筆で書くことなど、注意点を押さえて正確に作成しましょう。遺言書に記載すべき内容を明確にし、不備がないようにするためには、専門家のアドバイスを受けることが有効です。相続でお悩みの方は是非、一度当事務所の無料相談をご利用下さい!

自筆証書遺言の書き方についてはこちら⇒

 

この記事を担当した司法書士

福岡中央司法書士事務所

代表

森 浩一郎

保有資格

司法書士

専門分野

相続・遺言・民事信託

経歴

福岡中央司法書士事務所の代表を務める。 平成11年2月に「福岡中央司法書士事務 所」を開業。相続の相談件数約950件の経 験から相談者の信頼も厚い。


サポート料金

よくご相談いただくプラン(詳細はボタンをクリック)

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続登記手続きサポート
  • 相続放棄手続きサポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • no.73生…

    名義変更について全く知識がなく、不安ばかりでしたが、親切丁寧にご説明いただき安心しました。 また何かあった際は利用させていただきます。

  • no.72生…

    とても良く説明していただいて理解しやすい事がうれしかった。 専門の知識が多いので事務所時間をかけてやってもらった事が特に良かったです。

  • no.71相…

    司法書士事務所へおとずれるのは初めてで、緊張しましたが、森先生はとてもお話がしやすく、安心してお任せできると思いました。

  • no.70遺…

    思いも寄らないタイミングで相続人となり知識や心の準備もないまま相談をさせていただきましたが、丁寧な説明と迅速な対応で、安心してお任せすることができました。

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP